PR

松本市アルプス公園のローラー滑り台で大興奮!

長野県

こんにちは。

りんです。

 

今回は3歳児の娘氏と松本市アルプス公園に行ってきたので、

その様子を紹介します。

 

 

松本市アルプス公園の基本情報

所在地

長野県松本市大字蟻ケ崎2455番11

 

アクセス

 

長野自動車道 松本I.C.より 車で25分
長野自動車道 安曇野I.C.より 車で25分
長野自動車道 梓川スマートI.C.より 車で15分

松本バスターミナルより
アルプス公園線:20分(1日2便)

(引用元:松本市アルプス公園公式ホームページ)

 

無料駐車場

あり。

数か所にありました。今回は東口駐車場に停めました。遊具の場所まで距離がありました。

 

お手洗い

多目的トイレもありました。

 

ベビーシートもありました。

 

当日の様子

まずは橋を渡ります。

 

喜んで歩く娘氏。

 

園内は予想以上に広かったです。

 

自然が豊かで、鳥の声も聞こえました。

 

木がたくさんあります。

 

階段もありました。

アブがいたので引き返し、

ローラー滑り台の方に向かいました。

 

途中、抱っこもしたので

ヒップシートを持参してよかったです。


森の入口広場に到着!

 

緑が多くて、癒されます。

 

休憩スペースもありました。

 

芝生エリアもありました。

 

たくさん走り回れて、

嬉しそうな娘氏でした。

 

ソフトローラー滑り台のところに来ました。

 

正しい滑り方についての記載もありました。

 

結構長い滑り台でした。

 

怖がりながらも階段を慎重に登る娘氏。

このあと一緒に滑りましたが、

かなり喜んでいました。

 

「毒へび注意」との張り紙もありました。

 

タンポポもあって、

テンションがあがる娘氏でした。

最近は綿毛にハマっている娘氏です。

 

滝もありました。

 

まとめ

今回は途中で娘氏が疲れてしまい、

他の遊具のある箇所には行きませんでしたが、

ローラー滑り台やその周辺でたくさん走ることができて、大満足な娘氏でした。

 

展望台のある「松本市山と自然博物館」や、小さな動物園「小鳥と小動物の森」などの施設もあるので、今度また体力をつけてゆっくり行ってみたいです。



 

園内は自然豊かだったためか、虫もまあまあいたので、

虫よけグッズが必須かもしれません。

 



タイトルとURLをコピーしました