PR

出産入院中の退院時説明 看護師さんのアドバイスなどまとめ

産後のこと

こんにちは。

りんです。

 

出産入院中、看護師さんが

退院前説明をしてくれました。

 

今回は、その時聞いたことを

紹介します。

本記事ではアフィリエイト広告も利用しています

出産入院中の退院時説明 看護師さんのアドバイスなど

乳頭保護器(シールド)について

看護師さん
看護師さん
1日1回消毒してください。

 

 

ランシノーについて

看護師さん
看護師さん
ランシノーは赤ちゃんが舐めても大丈夫な成分でできているから、

乳首を痛めたら塗っていいです。

 

 

ワセリンについて

看護師さん
看護師さん
白色ワセリンは油分が多いから、赤ちゃんの肌には浸透しません。

乾燥してカサカサになった場合は、

クリームを塗って、その上に塗るようにしてください。

ワセリンは蓋をする機能を果たします。

 

看護師さん
看護師さん
おしりに塗る場合は、大人用のワセリンでも問題ありません。

 

K2シロップについて

看護師さん
看護師さん
ミルクと混ぜずにそれだけで単体であげてください。

飲み残しがあった場合、きちんと飲んだかわからなくなってしまうので。

 

授乳について

看護師さん
看護師さん
乳首を痛めた状態でおっぱいを吸わせると、

それがトラブルの原因になる可能性があります。

痛かったら、搾乳しておっぱいを吸わせるのも一つの手です。

 

看護師さん
看護師さん
乳腺炎かもと思ったら、婦人科で診てもらってください。

夜間や休日の場合は、緊急外来で。

血液の流れがよくなるから、葛根湯を出してもらえる場合があります。

 

黄疸について

看護師さん
看護師さん
今は問題なくても、あとから出てくる場合があります。

白目が黄色くなっていないか、普段からよく見ていてください。

もしなっていたら、病院に連絡してください。

 

看護師さん
看護師さん

赤ちゃんは出産により、

大きく環境が変わりました。

生きていく術をいま学んでいます。

何か問題があれば、1か月健診を待たずに、

薬をもらいに来ても大丈夫です。

 

妊娠高血圧症について

看護師さん
看護師さん
いまは問題がなくても、産後2か月までになる可能性があります。

何かあったら、病院に連絡してください。

 

食事について

看護師さん
看護師さん
妊娠中の指示エネルギーは1920キロカロリー。(私の場合)

産後は2000キロカロリー。

野菜、たんぱく質、主食をバランスよく食べてください。

 

 

看護師さん
看護師さん
ご飯は授乳中、220gまでOK。

断乳後は170gまで減らしてください。

 

看護師さん
看護師さん
ナッツやアボカドは脂質が多いから、

食べすぎに注意してください。

甘いものや油っぽいものも、乳腺のつまりに繋がるから、注意してください。

 



 

 

りん

元 妊娠糖尿病で、2歳児育児中のWebライター。
子供の寝ている間に行う手帳タイムが、至福の時間。
妊娠中のこと、手帳の使い方など、
お伝えしていきます。

りんをフォローする
産後のこと
りんをフォローする
タイトルとURLをコピーしました