【出産レポ】コロナ禍での出産(妊娠糖尿病&帝王切開)

出産

コロナ禍での出産は、

マスク着用だった。

 

仕方ないけど、結構、苦しくて…

妊娠糖尿病で入院!管理入院中の体調は… ダイジェスト!
妊娠37週の妊婦健診で妊娠糖尿病が発覚し、以降管理入院していました。 そのときの体調などをダイジェストで紹介します。

※本記事ではアフィリエイト広告も利用しています。

 

コロナのレベルが上がっていた関係で、

立ち会いも出来なかったから、

 

事前に、家族や親戚から

LINEで勇気をもらってた👍

 

初産で帝王切開も初めてだから、

不安もあったけど、

帝王切開までカウントダウン!当時の様子や心境
帝王切開までカウントダウンしながら、当時の様子や心境をお話します。

手術が始まってすぐに、

赤ちゃんが出てきた💪

手術中は麻酔が効いていて、

痛みは感じなかったんだけど、

 

引っ張ったり、

つまんだりする感覚はあって

熱い、冷たいも分かった。

帝王切開について まとめ記事
帝王切開についてのまとめ記事を作りました。

 

ドラマで見るようなシーンとは、

少し違っていた。

 

手術着を着るのも、

手術台に上がるのも人生初だったから、

緊張した。

 

 

体を丸くして、麻酔を打つ時は、

「動かないでね」と言われ、

 

「動いちゃいけない」とプレッシャーを感じ、

怖くなり、少しピクっと動いてしまった😎

帝王切開が怖かったとき、やったこと~私の怖さの乗り越え方~
帝王切開を目前に控えても、どうしても怖さが消せませんでした。そんなときにやったことを紹介します。

 

でも、大丈夫だった💪

 

すぐに麻酔が効いてきて、

体の力が抜けたのが、

自分でも分かった✊

 

先生が麻酔が効いたのをよく確認してから、

手術を始めてくれて、よかった🤲

 

眠くはならなかった。

 

糸はとける糸を使ってくれていたから、

手術後に抜糸をする必要はなかった。

 

手術当日に、前駆陣痛が始まって、

出血もあったから、赤ちゃんもその日に

産まれようとしてたのかも。

 

ひどいときの生理痛のような鈍痛が

続いていた。

 

「がんばれ!ママも、頑張るね 」と、

心の中で声援を送り続けた💪

 

「おぎゃあ、おぎゃあ」と聞こえた時は、

感無量だった。

 

「無事に産まれて、本当によかった。

ありがとう!」と思った。

 

しばらくしたら、先生が、

 

「〇〇さん、無事に産まれたよ!

●●gの元気な女の子です 」と

教えてくれた。

 

推定体重は4000gを越えていたから、

安全性を考えたこともあって、

 

帝王切開にしたんだけど、

実際には4000gはなかった

 

だけど、それは先生も言ってたけど、

推定体重は測り方によっても変わるし、

1つの目安で誤差の塊みたい。

 

でも、本当に無事に産まれてよかった

それが1番だよ。

 

性別については、病院の方針で、

産まれてからのおたのしみと言われてて、

 

だけどたぶん女の子だろうなあ、と

思ってた。

 

女の子と言われた時は、やっぱりな(笑)

と思った。

 

しばらくしたら、助産師さん

(もしかしたら、看護師さん)が、

赤ちゃんを拭いてくれて、

私の顔の横に連れてきてくれた😆

 

 

「この子が、私のお腹に

10ヶ月いた子だったんだ!

うわー、小さい!かわいい 」と思った。

 

 

触っていいよ、と言われたけど、

小さくて、少し怖かったから、

ほっぺをちょんちょんした。

柔らかかった。

 

しばらくして、

赤ちゃんが別室に移動をした。

 

妊娠中、逆子になったこと、

途中で治ったこと、

第1子妊娠中、逆子になった話
第一子妊娠中に、逆子になった話と、 治った話です。

妊娠糖尿病になったこと、

妊娠糖尿病について まとめ記事
妊娠糖尿病について、まとめ記事を作りました。

不正出血したこととか、

 

色々なことが頭の中を駆け巡り、

無事に産まれて安心したこともあって、

気づいたら、涙が止まらなくなってた。

 

 

前日に、

手術について説明してくれた看護師さんが、

 

当日も担当してくれていて、

すぐに拭いてくれた。

その後は、麻酔が効きすぎたみたいで、

体が冷えたり、酸欠みたいになったけど、

 

時間が経ったら、治った。

 

(歯がガチガチ、カタカタして、

体は少し寒気がしてた。)

 

手術自体は、1時間くらいだった。

 

「子宮筋腫は、今回は少し入口から

離れた位置にあったから、

取らなかったよ」と言われた。

 

妊娠中は血液量も増えていて、

できるならば、取らない方がいいとも

言われていた。

 

手術当日は、部屋に戻ってからも、

 

体を固定して、

機械もつけたりしていた。

 

コロナ禍で、家族も手術以外では、

面会に来れなかったから、

 

写メや動画を撮りまくって、

様子を伝えた

 

退院後、初めて会えた時、

みんな喜んでくれて、

すごく嬉しかった🥲

 

産まれてからは、

本当に毎日があっという間。

でも、全部ひっくるめて、

子供はかわいい✊



↑↑↑ どちらも、買いました👍

ゼクシィ内祝い

タイトルとURLをコピーしました