初めての予防接種、回顧録

育児日記

こんにちは。

りんです。

 

今回は、

娘氏が初めて予防接種を

したときの話です。

8m 予防接種に行ってきました!
久々に予防接種に行ってきました。

 

初めての予防接種をするにあたり、

娘氏が針を刺されそうになったとき、

 

がんばれー、と思うとともに、

泣いた声を聞いたら、

 

こっちも可哀想になって

何だか泣きそうになった。

 

予防接種は大事だし、

やらないといけないとは分かっていた。

 

だけど、子供が悲しんでいると、

親も悲しいんだな、と思った。

運命共同体ってやつかなあ。

 

娘氏が泣いたのは一瞬で、

すぐにいつも通りになったから、

ホッとしたのを覚えている。

 

注射は、4本刺して、

ひとつは飲むタイプのものを体内へ入れた。

 

先生には、

先生
先生
複数打つと、その分 副反応も

出やすくなるよ。

と言われた。

 

摂取のあとは大丈夫か

ドキドキして過ごしたことも、

記憶に新しい。

 

結局、初めての予防接種では、

なんともなかった。

 

2回目のときは、翌日熱を出した

 

今となっては懐かしい思い出だ。

 

ただ、今も 注射の取りこぼしが

ないかどうか、ということには、

神経を使う。

 

きっと、予防接種を全て完了したら、

肩の荷がおりるだろう。

 

最近も、針を刺されたら、

そのタイミングだけ泣く。

 

私自身も、娘氏も、

少しずつ摂取には慣れてきたかもしれない。

 

毎回、副反応が出ないかどうか、

緊張はするけど、

ありがたいことに大丈夫なことが多い。

 

これからも、そうだといいな。

 

初めての予防接種を振り返り、

なんだか懐かしい気持ちになった。


タイトルとURLをコピーしました